覚えておきたい、衣類の品質表示

大切なマークの意味

私たちが身につける衣類や繊維製品には「家庭用品品質表示法」(JIS)で定められた品質表示が付けられています。素材や洗濯時の注意事項などが記載された取り扱い絵表示は洗濯やシミ抜きをするときの大切な情報。マークの意味をしっかり覚えておきましょう。

●洗い方(水洗い)
液温は40度を限度とし、洗濯機による洗濯ができる。
液温は40度を限度とし、洗濯機の弱水流または弱い手洗いがよい。
液温は30度を限度とし、弱い手洗いがよい(洗濯機は使用できない)。
水洗いはできない。
洗濯機で水洗いできるという意味です。数字は洗濯時の上限の水温を表し、「ネット使用」の文字は洗濯ネットに入れて洗うことを示します。
やさしい洗い方を用い、水洗いできるという意味です。数字は洗濯時の上限の水温を表します。「中性」の文字は、洗濯用(衣料用)中性洗剤を使用することを指定しています。洗濯機の手洗いコースなどでも洗えます。
●ドライクリーニング
ドライクリーニングができる。溶剤はパークロルエチレン、または石油系のものを使用する。
ドライクリーニングができる。
溶剤は石油系のものを使用する。
ドライクリーニングはできない。
●塩素漂白の可否
塩素系漂白剤による漂白ができる。
塩素系漂白剤による漂白はできない。
●塩素漂白の可否
手絞りの場合は弱く、遠心脱水の場合は短時間で絞るのがよい。
絞ってはいけない。
●アイロンのかけ方
アイロンは210度を限度とし、高い温度(180度〜210度まで)でかけるのがよい。
アイロンは160度を限度とし、中程度の温度(140度〜160度まで)でかけるのがよい。
アイロンは120度を限度とし、低い温度(80度〜120度まで)でかけるのがよい。
アイロンがけはできない。
●干し方
吊り干しがよい。        
日陰の吊り干しがよい。
平干しがよい。
日陰の平干しがよい。

●海外製品の品質表示

海外の製品には、世界共通マークである国際標準化機構(ISO)で決められた表示や、各国独自の表示がついています。

ISO
表示
JIS
表示
ISO
表示
JIS
表示

知っておきたい危険な繊維

シワ加工品 永久には続かない、シワやプリーツ

個性的なデザインで人気を集めるシワ加工のシャツやスカート。生地にあらかじめ規則的あるいは不規則なシワを付ける技術で、加工の方法は樹脂加工や熱を利用するものなどさまざまですが、着用やクリーニングを繰り返すことでシワは自然に消えていきます。クリーニング店では取り扱い絵表示に基づいて丁寧に扱っていますが、経年変化はシワ加工品の宿命。シワのデザインが永久ではないことを理解しておきましょう。

ポリウレタン樹脂(合成皮革) 寿命は約3年・劣化する合成皮革

ポリウレタン樹脂でコーティングされた合成皮革製品は新品のまま保管しても製造から3〜5年が寿命とされ、湿気や熱、紫外線などの影響で変色や劣化が進んでしまいます。衣類の表面にベトツキが出たり、ボロボロとはがれるような状態になれば、寿命と考えていいでしょう。衿や袖口、ひじなど摩擦の激しい部分は劣化も早く、水泡のような膨れがあれば、劣化が始まっている証拠。この状態に気付かずにクリーニングに出すと、劣化部分が破れてしまうこともあり、トラブルの原因となります。ポリウレタン樹脂コーティングの合成皮革製品は寿命があることを理解した上で購入しましょう。

精製セルロース繊維(テンセル) 摩擦やスレで白くなる再生繊維

木材パルプとアミンオキサイド系水溶液から作られる再生繊維「精製セルロース繊維」はテンセルやリヨセルの商標名で知られる環境にやさしい繊維のひとつ。ソフトな風合いと上品な光沢、優れた染色性が特徴で、ジーンズやシャツ、セーターや寝具などさまざまな用途に利用されています。ただ、着用による摩擦で、フィブリル化と言われるささくれが起こりやすく、擦れて表面が白くなるというデメリットもあります。

防虫・防カビ対策してますか?

衣類を守る

衣替え時期に洋服を出してみたら、虫食いやカビが発生していたという経験はありませんか?
衣類を害虫やカビから守るため、防虫剤の知識を身につけておきましょう。

防虫剤の使い方

温暖化の影響や住宅の気密性の向上で、衣類の虫食いやカビの被害は年々増加しています。「防虫剤を使っているのになぜ?」と思う人もいるでしょうが、防虫剤も正しく使用しなければ効果は半減してしまいます。防虫剤に頼る前に、正しい保管方法を覚えておきましょう。
市販の防虫剤の多くは気化(ガス化)することで成分が充満して効果を発揮します。クローゼットはできるだけ密閉し、開閉は控えましょう。
防虫剤がガス化すると、気体は空気より重いため、下に溜まっていきます。防虫剤は衣類より高い場所に置き、衣類をクローゼットに詰めすぎないことも大切です。
衣替えなどで衣類を整理するときは、クリーニングや洗濯をしてから収納しましょう。特に、ウールやカシミア、シルクなど害虫が好む動物繊維製品は要注意。一度でも袖を通した衣類は必ずクリーニングに出してください。

防虫剤の種類 特徴と使用方法 不適合の衣類
樟 脳 全ての衣類に使用できるが、独特の臭気がある。金糸・銀糸・金箔には直接触れさせないこと。 なし。
着物の保管に適している。
ナフタリン 効果がゆっくり持続する。パラジクロルベンゼン・樟脳との併用はできない。 ラメ・金糸・銀糸・塩化ビニール製品は不可。出し入れの少ない衣類や雛人形に適している。
パラジクロルベンゼン 気化するスピードが速く、最も早く効き目が広がる。樟脳・ナフタリンとの併用はできない。 ラメ・金糸・銀糸・塩化ビニール製品、合成皮革・スチロール製(ビーズ・スパンコール・装飾ボタンなど)は不可。
ピレスロイド系 特有の臭いがなく、他の防虫剤と併用できるので、タンスや衣装ケースに適している。 真鍮・銅の付いた衣類は
避けた方がいい。