クリーニングに出す前に

利用する上でのマナー

クリーニング店は汚れを落とすプロの店ですが、利用する側にも最低限の知識は必要。
クリーニング店に行くときは、利用者としてのマナーとルールを守り、大切な衣類を気持ちよく仕上げてもらいましょう。

ポケットの中を確認しましょう

背広やジャケット、ズボンやワイシャツなど、ポケットのある洋服は必ず中を確認し、小銭や紙などが入っていないかどうかチェックしてから出しましょう。

シミは種類と場所を伝えましょう

シミのある場所に糸で印を付け、いつ、何が原因でシミになったか、応急処置をしたかどうかを伝えましょう。時間が経ってしまったシミはプロといえども取りにくくなってしまいます。

上下服は一緒に出しましょう

スーツなど上下がそろっている洋服は、色や風合いが変わらないよう一緒に出すのが理想です。ベルトやスカーフなど共布の付属品もそろえて出しましょう。

大切な付属品ははずしましょう

高価なボタンや特殊なボタンははずして出した方が無難です。取れそうなボタンも付け直すかはずして出した方がトラブル防止になります。

ほころびは処理をしてから出しましょう

クリーニングの機械力でほころびが広がることもあります。洗濯物にほころびやほつれがないかチェックをし、縫い直すなどの処理をしてから出すよう心掛けましょう。

品質表示ははずさないように

繊維製品には必ず法律で定められた品質表示がついています。取り扱い絵表示や繊維の特徴を表示したタグははずさないようにしましょう。

クリーニング店の上手な選び方

お店選びのポイント

「家の近くだから」「料金が安いから」「仕上がりが上手だから」など
クリーニング店を選ぶポイントは人によって違うもの。
大切な衣類を預けるクリーニング店は妥協せず、信頼のおける店を選びたいものです。

ポイント1

通いやすい店を選ぼう

買い物や通勤の途中など、クリーニング店に立ち寄るタイミングは人によってさまざま。仕上がりに掛かる日数も店舗によって違いますから、クリーニングに出して、受け取るまでを考えて、便利な店を選びましょう。早朝や夜間も受け付けているか、営業時間の確認もお忘れなく。中には宅配サービスを行っている店もあります。

ポイント2

専門技術の店を選ぼう

ワイシャツやスーツなど一般のクリーニングはもちろん、布団やカーテン、和服など特殊な衣料品にも対応している技術力の高い店を選ぶのもポイント。シミ抜きや汗抜き、防水加工、リフォームなどの特殊技術を持った店を選ぶのも、大切な衣類を長持ちさせる秘訣です。

ポイント3

接客のいい店を選ぼう

店舗が清潔で、接客の応対のいいクリーニング店は信頼の第一歩。仕上がりの好みを伝えたり、シミ抜きの依頼をするときなど、店員がお客様の情報を正しく工場に伝えるかどうかで仕上がりの満足度は変わってしまうものです。

ポイント4

信頼できる店と付き合おう

全国クリーニング生活衛生同業組合連合会に加入しているクリーニング店では「LDマーク」を掲示し、「プロの洗い技術」で「質の高いサービスの提供」に努めています。また、厚生労働大臣が認可した「クリーニング業の標準営業約款」に基づいて営業している店には「Sマーク」が掲示されていますので、クリーニング店選びの参考にしましょう。

クリーニングから持ち帰ったら

正しい保管方法

「春には春の、冬には冬の装いを楽しむのは四季のある日本ならでは。
お気に入りの洋服が次のシーズンにも気持ちよく着られるよう、正しい保管方法を覚えておきましょう。

ビニール袋から出す

クリーニング店で包装しているビニール袋は保管用の袋ではありません。自宅に持ち帰ったら、ビニール袋から出して、風通しのいい場所で、30分〜数日、乾燥させるのが理想です。特に、合成皮革や透湿防水加工素材、中綿を使用した衣類や布団などは、そのまま保管するとカビやガス変色などの原因となりますので、注意してください。

汚れ・シミのチェック

クリーニングに出す時に伝えたシミが落ちているかどうか、破損がないかどうかなど、仕上がりのチェックも大切です。日数が経ってから気付いても、対応できない場合がありますので、自分の衣類は自分でチェックする習慣をつけ、クリーニング店との信頼関係を築くことも大切です。ボタンやベルトなど付属品のチェックも忘れずに。